電力使用量を見える化、タブレットで表示 シャープ

シャープは、太陽光発電システムとの連携で発電量や売電電力量に加え、家庭内で個別の家電機器の消費電力を一元的に「専用タブレット端末」で確認できる、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)「電力見える化システム」を開発した。

シャープ製太陽光発電システムと組み合わせて、主に住宅メーカー向けに製品化する予定で、第1弾として住友林業がこれを導入した新商品『スマートNAVI』を9月5日から発売する。

HEMSは通常、ブレーカ単位のいくつかの機器の合計消費電力を表示するもので、施工性にも課題があった。今回、取り付けが簡単で機器ごとの消費電力が見えるシステムを開発した。表示端末がパソコンの場合、設置場所や起動時間の制約が出るが、専用タブレット端末を採用することで、確認する場所を選ばず、使いやすさを向上している。

システムは「タップ」と「中継機」、「専用タブレット端末」で構成する。家庭内のコンセント口にタップを取り付け、エアコンや冷蔵庫などの家電機器のプラグを差し込むことで、特別な配線工事無しに家電機器1台ごとの消費電力情報が中継機を介して、専用タブレット端末に送信される。タブレット端末の画面上に、太陽光発電システムの発電量(稼働状況)に加えてタップに接続した家電機器の個別、または居室単位の消費電力の情報がリアルタイムで表示される。

軽量で薄型サイズなのため、リビングや寝室、キッチンなど家庭内の様々な場所で活用できる。

国内の全電気エネルギー消費量の中で、家庭用の消費の占める割合は約3割。家庭内でエアコン、照明、冷蔵庫、テレビの電気使用量は約7割を占める。これら機器のエネルギー使用量を「見える化」することで家庭での節電をサポートする。

同社では今後、HEMSによる太陽電池、蓄電池、各家電機器などのエネルギー関連機器の最適化制御や、クラウドサービスとの連携しながら便利で快適な省エネ生活をサポートするエネルギーソリューション事業を展開していく方針だ。