ガンフリート・サンズ

丸紅は、デンマークの大手総合エネルギー会社DONGエナジーと、2010年春に完工し、現在DONGが100%出資する172MWの発電容量を持つ英国南東部の沖合に展開するガンフリート・サンズ洋上風力発電の権益49.9%を取得することで、基本合意したと発表した。

権益取得価格は約2億ポンドで、2011年度第3四半期中に取得手続を完了する予定。丸紅は、日本貿易保険の海外事業貸付保険を活用したファイナンスも検討する。

日本企業が商業運転中の洋上風力発電事業に本格的に出資するのは初めて。洋上風力の分野で世界トップシェアのDONGをパートナーとすることで、丸紅は洋上風力発電の開発、操業のノウハウを吸収。今後、同分野での欧州での事業参画を積極的に進める。また、北米や日本など、将来洋上風力発電事業が本格的に普及する可能性のある市場への投資を検討する。

丸紅は、今回の件を加え日本国内を含む全世界23か国でのネット保有発電容量が合計8796MWに達し、このうち、水力発電所を含む再生可能エネルギー資産は450MWを保有することになる。