フォルクスワーゲンNILS

フォルクスワーゲンは1日、13日に開幕するフランクフルトモーターショー11に、EVコンセプトカーの『NILS』(ニルス)を出品すると発表した。

NILSは、未来のEVスポーツの提案。超軽量ボディに1名乗りという、極限まで効率を追求したEVコンセプトカーだ。

ボディサイズは、全長3040×全幅390×全高1200mm。同社が同時にワールドプレミアする新世代コンパクト、『up!』よりも、全長は500mmも短い。ドライバーは車体中央、パワートレインはリアというF1マシンと同じレイアウトが採用され、アルミスペースフレーム構造により、車両重量は460kgに抑えられた。

モーターは、最大出力34ps、最大トルク13.3kgmを発生。二次電池は、蓄電容量5.3kWhのリチウムイオンバッテリーだ。モーターとバッテリー、トランスミッションは一体設計され、モーターの単体重量は19kgと軽い。

0-100km/h加速は11秒以下、最高速は130km/h。1回の充電で最大65kmが走行でき、充電は最速で2時間以内に完了する。フォルクスワーゲンによると、ゴーカート感覚のハンドリング性能を備えているという。

フォルクスワーゲンNILS フォルクスワーゲンNILS フォルクスワーゲンNILS