アウディジャパン・大喜多寛社長と新型A6《撮影 トヨサキジュン》

アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏は新型『A6』について、「このクラスで一番きれいなセダン。特に室内のクオリティの高さを味わってほしい」と話す。その室内で大喜多社長が非常にこだわったのがオーディオシステムだ。

新型A6のオーディオは、BOSEが標準で、オプションでバング&オルフセンを選ぶことができる。今回の大きな特徴は、開発初期の段階からオーディオメーカーが入り、音のチューニングを施していることである。

「音というのは7割から8割は直接スピーカーからではなく、反響して聞こえます。そこで、オーディオメーカーに入ってもらい、5人が乗った状態でどういう音が室内で反響するかをチェックし、各ポジションでも全部きちんと音が聞こえるようにチューニングがされているのです」(大喜多社長)

また、もうひとつこのオーディオには特徴がある。それは、ノイズキャンセラーという考え方で、「トンネルに入ると低音のノイズやエンジン音が入ってきます。それを打ち消すシステムで、自動的に補強しなければいけない音は補強し、常にどんな走行状態でもどのポジションにいても最適な音楽が聴こえるという技術を持たせています」とアウディ技術陣のこだわりについて語った。

アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》