武藤英紀(AUTOBACS RACING TEAM AGURI、SUPER GT第5戦鈴鹿)

9月16〜18日、ツインリンクもてぎで開催される『2011 IZOD インディカーシリーズ第15戦 インディジャパン・ザ・ファイナル』に、武藤英紀が参戦することが発表された。

武藤は現在SUPER GT参戦中で、昨年までの3シーズンはインディカーシリーズにフル参戦していた。武藤の参戦によりインディジャパン・ザ・ファイナルには、現在同シリーズにフル参戦中の佐藤琢磨とともに2人目の日本人ドライバーが出走することとなった。

武藤がもてぎで搭乗するのはサム・シュミット・モータースポーツの17号車。今年のインディ500でポールポジションを獲得した77号車のアレックス・タグリアーニがチームメイトとなる。昨年までの3年間、インディカーシリーズにフル参戦していた武藤は、同シリーズ2008年のアイオワ戦で日本人最高位の2位表彰台を獲得。インディJAPANでは08年11位、09年に14位、10年は14位の成績を残している。

参戦発表にあたり武藤は、「昨年までのインディカー・シリーズフル参戦で培った経験と、今年GTのフィールドで新たに発見できたこと全て出し切り、インディジャパン・ザ・ファイナルを更に盛り上げ、悔いの残らない戦いをしたいと思っています。インディジャパンが開催されるツインリンクもてぎ周辺は、今回の震災被災地となりました。ツインリンクもてぎで、いいレース、いい走りをおみせし、皆様に元気を届けたいと思っております。全身全霊で戦って参ります。」とコメント。

自身のブログでも、「ファンの皆さん、協力してくださる方々がいなければスタートラインには絶対に立てなかった!熱いものが込み上げてくる!本気で応援してください!本気の本気で突っ走りますから!」と最後のインディジャパンにかける想いを綴っている。

ARTA HSV-010 武藤英紀/小林崇志組(SUPER GT第5戦鈴鹿)