フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》

本格クロカン走行もOKのアメリカンSUVであり、20年の歴史を誇る『エクスプローラー』。その新型が、モノコック・ボディに3.5リットルV6ユニットを搭載する…と聞いて、首をかしげる人も多いだろう。燃費重視の小排気量エンジンを採用し、オンロードでの乗り心地を重視するなど、時代の流れに迎合したのか?と。

事実、294ps/345Nmを発揮する新開発のV6ユニットの味わいは、高回転域まで回して楽しいモダーンなユニットへと大きく変化した。足周りの変化も大きい。コーナリング時に多少のロールを許容するが、危なげない走りを披露する。

5020×2000×1805mmという巨体にもかかわらず、存外、山道でも俊敏に走れる。テレインマネージメント・システムの採用により、先代モデルで可能なオフロード性能は確保されているという。実際、ぬかるんだ泥道でも、細かな石が混じったスリッパリーな坂道でも難なく登っていける。急な下り坂ではヒルディセント・コントロールを使って、ステアリング操作に集中すればいい。

内外装の質感の高まりも含め、従来のアメリカンSUVに対する先入観を払拭する一台である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
3列目のアレンジが秀逸。女性の力でも軽々あつかえるような工夫が施されている。

インテリア/居住性:★★★★★
室内のデザインが現代的になり、質感も先代より高まった。シンクなる新コミュニケーションシステムが使いやすい。

パワーソース:★★★★
新開発3.5リットルユニットとマニュアルモードを持つ6速ATの組みあわせにより、出力はV8並を維持しつつ、従来比で燃費を20%も向上。

フットワーク:★★★★
モノコック構造の採用により、ボディの剛性感が大幅に向上。前/マクファーソンストラット、後/マルチリンクの採用により、オンロードの乗り心地は大幅改善。

オススメ度:★★★★
440万円スタートで買える7シーターの輸入SUV。237psを生む2リットル直4ターボの上陸時には、ライバルの『グランドチェロキー』同等のエントリー価格を期待。


川端由美|自動車ジャーナリスト/環境ジャーナリスト
エンジニア、自動車雑誌の編集部員を経て、現在はフリーランス。自動車の環境問題と新技術を中心に、自動車専門メディア、自動車技術誌、ライフスタイル誌、経済誌といった幅広い分野に寄稿する。各国のモーターショーや技術学会を取材する国際派でもある。

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》