フィアットプント(旧プントエヴォ)の2012年モデル

フィアットは8月30日、9月13日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー11において、『プント』の2012年モデルを初公開すると発表した。

2012年モデルのハイライトが、フィアットの新世代2気筒エンジン、「ツインエア」の採用だ。フィアット『500』に続いて搭載される。

この2気筒エンジンは、ターボチャージャーで過給され、900ccの排気量から、最大出力85ps/5500rpm、最大トルク14.8kgm/2000rpmを発生。燃費性能は公表されていないが、CO2排出量98g/kmという優れた数値をマークする。

トランスミッションは6速。ダッシュボードのスイッチでノーマルとエコの2モードが切り替えられ、エコモードではエンジンコンピューターの制御により、燃費志向の走行を実現する。

また、2012年モデルでは、外装をリフレッシュ。新デザインのボディ同色バンパーが採用された。アルミホイールのデザインも、一新している。

2012年モデルのプントは、欧州では2012年初頭に発売。なお車名は、『プントエヴォ』からプントに変更されている。

フィアットプント(旧プントエヴォ)の2012年モデル フィアットプント(旧プントエヴォ)の2012年モデル フィアットプント(旧プントエヴォ)の2012年モデル フィアットプント(旧プントエヴォ)の2012年モデル フィアットプント(旧プントエヴォ)の2012年モデル