志賀俊之自工会会長は31日、政府が中間まとめを発表した2020年度燃費基準についてコメントした。《撮影 宮崎壮人》

日本自動車工業会の志賀俊之会長は31日、東京でメディア各社と懇談し、政府が中間まとめを公表した乗用車の2020年度燃費基準について、企業別平均燃費基準(CAFE)が導入されることに一定の評価を示した。

CAFEは、企業別に販売車種の燃費を加重平均して基準をクリアしているかどうかを判断する方式。志賀会長は「各社が得意とするセグメントで基準を大きく達成すると、未達のセグメントもある程度カバーできるというインセンティブになる」と指摘した。

また、「欧米でも一般的になっている方式」とし、海外メーカーとの競争条件の調和も図れるとの認識を示した。一方で、政府がCAFEを導入するのは「逆に見れば、すべてのセグメント(重量区分)で基準が一層厳しくなっているということ」とも述べた。

政府が検討している20年度燃費基準は、09年度実績比で24.1%の燃費向上を図るもので、この基準で推定すると台当たり平均の燃費は1リットル当たり20.3km(JC08モード)と極めて高いレベルとなる。

志賀自工会会長、20年燃費基準の「CAFE」は評価《撮影 宮崎壮人》 志賀自工会会長、20年燃費基準の「CAFE」は評価《撮影 宮崎壮人》 志賀自工会会長、20年燃費基準の「CAFE」は評価《撮影 宮崎壮人》 志賀自工会会長、20年燃費基準の「CAFE」は評価《撮影 宮崎壮人》 志賀自工会会長、20年燃費基準の「CAFE」は評価《撮影 宮崎壮人》 志賀自工会会長、20年燃費基準の「CAFE」は評価《撮影 宮崎壮人》