国土交通省は9月1日から30日までの1か月間、自賠責保険制度のPRを展開する。

自賠責保険は、事故被害者に対する基本的な対人賠償を担保するため、すべての自動車(クルマ・バイク)に加入が義務付けられているが、無保険車による事故が依然として発生しているため、無保険車運行の危険性や違法性を訴える。

PRでは、ポスター約9万枚、リーフレット約99万枚を印刷し、関係機関、団体等で掲示したり配布するほか、各運輸支局が地域の損害保険会社、代理店東ト協道で該当で自賠責制度をPRする。

ポスターでは、「“うっかり”ではすまされません 自賠責!!!」をキャッチコピーに、自賠責保険に加入しないままでの運行が法令違反であることをアピールする。