アルファロメオ 4Cコンセプト

アルファロメオは30日、9月13日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー11に、『4Cコンセプト』の新バージョンを出品すると発表した。

4Cコンセプトは2011年3月、ジュネーブモーターショー11で初公開。市販を前提とした2シーターの小型ミッドシップスポーツカーだ。全長は約4000mmとコンパクトで、2007年に限定発売された『8Cコンペティツィオーネ』のDNAを受け継ぐフォルムを採用する。

ミッドシップには、1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンが収まり、最大出力200ps以上を発揮。カーボンファイバーやアルミなどの軽量素材によって、車両重量は850kgに抑えられ、0-100km/h加速5秒以下、最高速250km/h以上というパフォーマンスを実現する。

フランクフルトモーターショー11では、その市販版が登場すると見られていたが、アルファロメオは予想に反して、再びコンセプトカーを出品。ただし、ボディカラーはジュネーブのレッドではなく、「フルードメタル」と呼ばれるシルバー車を展示する。

アルファロメオは「2013年、4Cコンセプトを市販に移す」と説明。市販モデルとの対面は、もう少し先のことになりそうだ。

アルファロメオ 4Cコンセプト アルファロメオ 4Cコンセプト アルファロメオ 4Cコンセプト