アイシン精機は、中国江蘇省南通市に自動車部品の開発会社「愛信(南通)汽車技術中心」を設立すると発表した。

これまで中国向け自動車部品開発のほとんどは日本で行い、ドア部品やサンルーフなどの適合設計といった、限られた範囲を天津の現地生産法人などに駐在する技術者が行ってきた。

しかし、自動車需要が成長している中国では、開発でもスピードアップが求められており、中国でビジネスを拡大していくためには、中国自動車メーカーの要求に現地で素早く対応できる体制が必要になっている。

また、中国市場でのニーズを的確に捉え、市場にマッチした製品を提案していくことも重要で、新たに中国に開発会社を設立することにた。

アイシン精機の海外での開発会社の設立は米国に続いて2か国目。

開発会社は資本金が200万ドルで、アイシン精機が100%出資、日本から委託を受けて開発業務を行う。14人体制でスタートし、2015年までに約50人規模に増強する計画。

今後は開発対象製品を徐々に拡大しながら、設計に加え、評価、商品企画などを含めた中国での商品開発の中心的な役割を担う体制を目指す。