フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》

一番の驚きはステアリングフィール。今までのアメリカンSUVにありがちな手応えの無さがない。路面からのフィードバックが十分にあって、タッチも繊細。思い通りぶっとばしたままコーナーに進入できる。

あとは運転席の足元の広さと腰高感の無さだろう。『エクスプローラー』として初めてモノコックボディを採用してるため、視線は低くはないが、無駄な車高のかさ上げがなく、フロアの出っ張りも少なくすんなり座れる。
 
それは後席も同様で、2列目は十分低く広く、国産ミニバンから乗り換えても満足できる快適さ。3列目はフロアが少し高くなり、余裕たっぷりとは言わないが、そこそこ広い。
 
さらなる驚きはラゲッジで、7名フル乗車状態で595リッター! 大型ステーションワゴン並みだ。ただし、質感は言うほど高くはない。アメ車としては凄い! 程度か。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

小沢コージ|バラエティ自動車ジャーナリスト
横浜市出身。自動車メーカー、二玄社『NAVI』編集部員を経 てフリーに。現在『ベストカー』『エンジン』『週刊プレイボーイ』『MONOMAX』時計ビギン』などの雑誌「carview」「webCG」「日経BP ネット」「Vividcar」などネットに多数連載。愛車はポルシェ911 カレラ2、ロールスロイスなど。趣味はサッカー、スキー、ゴルフ、絶叫カラオケ!?

フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》