アバルト500をベースにしたアバルト695コンペティツィオーネ

フィアットの高性能車部門、アバルトは30日、9月13日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー11において、『アバルト500』の特別モデル、「アバルト695コンペティツィオーネ」を初公開すると発表した。

フィアットはフランクフルトモーターショー09で、『アバルト695トリブートフェラーリ』を発表。フェラーリとのコラボレーションで生まれたモデルで、日本にも限定150台が導入された。アバルト695コンペティツィオーネは、同車と基本的に同じエンジン&足回りを採用したモデルである。

1.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンの「T-ジェット」は、吸排気系を中心にチューニング。最大出力はアバルト500の135psに対して、180psと一気に45psアップした。

トランスミッションは、「アバルトコンペティツィオーネ」と呼ばれるパドルシフト付きの電子制御5速2ペダルMT。オートマチックの「ストリート」、マニュアルの「トラック」の2モードを備える。

足回りは、ダンパーを強化仕様にチェンジ。ブレーキはブレンボ製の4ピストンで、ローターは305mmの大径タイプ。専用エグゾーストシステムの「レコードモンツァ」は3000rpmを境に、いっそうスポーティなサウンドに変化する。

ボディカラーは、専用グレーの「Grigio Competizione Opaco」で塗装。リアシートは取り払われ、2シーター化されており、その部分にはロールオーバーバーが鎮座する。シートはブラックレザーにアルカンターラを組み合わせた「アバルトコルサbyサベルト」だ。「695」と「コンペティツィオーネ」のロゴも添えられている。

アバルト500をベースにしたアバルト695コンペティツィオーネ