アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》

23日より日本でも販売が開始されたアウディ『A6』は、インテリア全体を、ドライバーを包み込むひとつの空間と考え、水平基調の内装を採用し、広い空間を生み出しているという。

アウディデザインインテリア担当ウルリヒ・バイアーライン氏は、水平基調の中にエッジの効いたデザインにしたという。「参考にしたのは日本の包丁です。その美しく端正なフォルムはいかなるものにも適用できるのです(センターのエアコンの吹き出し口まわりのデザインなど)。躍動的でありながら繊細なデザインとなりました」と、エクステリア同様インテリアに関しても包丁がモチーフとされた。

また、A6のインテリアは五感に訴えるデザインだともいう。その例としてバイアーライン氏は、このクラスでは初めて装備したというタッチパッドを挙げる。「タッチパッドを指で操作することにより、クルマとの情報をやり取りできる仕組みです。指で水の表面に触れると、水は瞬時に指に吸いつくように、タッチパッドも指になじみやすい設計となっているのです」。

他にも「目を閉じてMMIのノブを回しても、アウディらしい心地よい音がします。アウディは目で楽しめる上に、手で触れたり耳でも楽しめ、触感や音もデザインの一部なのです」と語った。

アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型 タッチパッド《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型 タッチパッド アウディ A6 新型 中央のエアコンの吹き出し口に”包丁”のモチーフがみられる。 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》