東洋ゴム工業は30日、北米タイヤ工場「トーヨータイヤ ノースアメリカ マニュファクチャリング」(TNA)での累計生産本数が1000万本に達したと発表した。

米国ジョージア州にあるTNAは、東洋ゴムグループの北米タイヤ生産拠点として2005年12月より操業を開始。高度に自動化されたタイヤ製造工法によって、高品質なタイヤを生産している。

2007年に第2期生産増強に着手。操業当初の2倍の生産能力を実現。2008年には生産再増強を発表。段階的に能力増強を図ってきた。これらにより、今年8月に累計生産本数が1000万本を記録した。

さらに、今月末には第3期能力増強が完了。同社の中期経営計画では、2015年度の年間生産能力を650万本としているが、早期段階でこの供給を可能とする体制が整った。