オークネットは8月30日、中古車販売店向けに、ペーパーレスでの円滑な中古車査定業務ができる査定システム「オークプロタッチ」を9月1日より販売開始すると発表した。

今回リリースする同システムは、中古車査定業務で一般に使用されている手書きの査定書に代わり、タブレット端末(『iPad』)へ入力することにより査定書をデータで作成。査定データを決裁者のPCへ送信し、決裁者はそのデータをもとに瞬時に査定担当のタブレット端末へ査定金額の指示を出すことができる。

また、査定書をデータ化することにより、査定履歴の検索・管理が容易になり、査定業務負担を軽減。さらに、査定データを利用し、下取車の傾向や入庫見込み車の把握をしながら在庫調整が可能になる。

同システムには、同社が保有する中古車流通相場情報に加え、車両検査専門子会社AISが提供している車種ごとの検査ノウハウ情報も装備。これにより、常に最新の相場情報と、車両ごとに異なるチェックポイントを確認できるため、誰でもカンタンに査定業務を行うことを可能としている。

価格は基本契約:2万円/月(管理者ID+営業ID)、追加ID:2500円/月。