スマートEVサミットでは「いくらだったらこのクルマ買う?」という話も飛び出した《撮影 大野雅人》

メルセデス・ベンツ日本が27日に開催した「スマートEVサミット2011」では、スマート『フォーツーed』とともに暮らすユーザーたちの「走りの楽しさ」と「エコ意識」という一見相容れないように思える体験談も飛び出した。

それぞれに個性的なプロフィールを持つ7人の試乗体験リポーター。「エアコンのオン・オフは(航続距離などに)あまり関係ないように思える。むしろ意外と電気を消費すると思われるのはワイパーとストップランプか」「アクセルペダルを踏んで走り出そうとするタイミングで、出るか出ないかわからないという感覚がある。ある程度踏まないと出ないという気持ち悪さも」などといった走りとエコの両面で不満点が出た。

いっぽうでエネルギー消費に神経質にならずドライビングを楽しめるといった声も。「ブレーキング時に発電しているという感覚が身についたから」「まるでゴーカートのよう。ガソリン版とはミッションも違うので、加速感もまた違った感じ」などというコメントも。

「あまり頻繁にクルマに乗らない人であれば、ガソリンスタンドに行って給油するという手間が省けていい。EVの充電であれば家でできる。ライフスタイルや乗る頻度によってはEVはエンジン車よりもストレスを感じないかもしれない」

こうしてスマート『フォーツーed』とともに暮らす機会を得た7人。そのうち6人が「買いたい」ともらしていたが、「補助金を除いて100万円までならば買う」など、それぞれに“お値段”が気になるようだった。

「実際400万円ぐらいはするんじゃないか!?」とこぼす関係者。ちょっとだけ渋い顔をみせた。

スマートEVサミットでは「いくらだったらこのクルマ買う?」という話も飛び出した《撮影 大野雅人》 スマートEVサミットでは「いくらだったらこのクルマ買う?」という話も飛び出した《撮影 大野雅人》 スマートEVサミットでは「いくらだったらこのクルマ買う?」という話も飛び出した《撮影 大野雅人》