マツダ2(日本名:『デミオ』)

マツダは30日、ベトナムにおいて『マツダ2』(日本名:『デミオ』)の生産を2011年10月上旬から開始すると発表した。

マツダ2は、同国中部のクアンナム省ヌイタン地区に新設された「ヴィナマツダ社」の組立工場で生産を開始。販売開始は同10月を予定。今後、同国内市場向けに年間約2000台の生産を計画。マツダの主力商品の一つとなることが期待されている。

ヴィナマツダ社は、マツダのベトナムにおける販売統括会社として、2011年3月以降、輸入完成車モデル『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)、『CX-9』、『BT-50』(タイ生産)の販売を行っている。同社は、中長期施策の柱の一つである新興市場のビジネス成長を加速するため、ベトナム市場において、今回マツダ2の現地組立を決定した。

同社、中峯勇二取締役は、「ベトナムは、30代以下の若年層を中心とした約9000万人の人口規模を持つ有望な新興市場の一つ。今後積極的なビジネス展開を計画している。その第一弾として、今回マツダ2の現地組立を開始。同モデルがマツダのブランド認知度を大いに高め、飛躍の原動力となることを期待している」と述べた。