フォード エクスプローラー 新型《撮影 北島友和》

“オールニュー”を謳う『エクスプローラー』は、なるほどまずは、そのルックスがそのフレーズを納得させてくれる仕上がり。中でも、スムーズにスラントしたグリルに代表される顔付きは、モダーンさと迫力とがなかなか見事に両立され、見る人に「新しさ」を印象付ける。

「ついにアメ車もか!」と思わず叫びたくなる“ダウンサイジング・エンジン”は、しかしそうしたカタログスペックからの不安を払拭させる力感を味わわせてくれた。「8気筒サウンドが懐かしい」という意見があればそれは理解出来るが、加速力そのものはスタートの瞬間から常に満足でき、静粛性もハイレベルだ。
 
しなやかなフットワーク・テイスト---中でも、ばね下の動きの軽やかさには驚いた。これこそが、トラック派生のフレーム式ボディを捨て、“乗用車”流儀の構造に改めた最大の恩恵部分だろう。
 
現在は英語表記のみのマルチメディア系(マイ・フォード・タッチ)は、「現在、ナビゲーション・システムのビルトインも含め日本語対応版を開発中」というから、そこはしばらく待つ価値ありか。一方、「右ハンドル仕様は設定の予定ナシ」というのが惜しまれる。3列目シートも「意外に座れる」ので、そこさえクリアになれば“大型ミニバン代替モデル”としても、日本でもある程度の需要が見込めそうなのに…。
 
日本メーカーが右側通行国であるアメリカに右ハンドル仕様を出したら、彼の地の人々は「本気で商売をしようとしている」とは思うまい。なのに、日本には平気で”逆ハン仕様”を送り込むというその時点で、「そもそも商売の土俵に立てていない」感が否めなくなってしまうのがとても残念だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。

フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》