シボレー・キャプティバ。全長が短めの凝縮された力強いスタイリング《撮影 青山尚暉》

シボレーの新ミッドサイズSUVが『キャプティバ』だ。デザインはGMの北米と韓国、メカニズムはGMの北米とオーストラリア主導で開発された世界戦略車である。

どこかホンダ『CR-V』を思わせるボディは全長4690mm×全幅1850mm×全高1790mm。ホイールベースは2710mm。日本車で言えばトヨタ『ハリアー』に近い。ただし、こちらは3列シートで定員は7名だから、トヨタ『ヴァンガード』がライバルになるかも知れない。

駆動方式は電子制御AWD。状況によって前後100:0〜50:50の駆動配分を行う。エンジンは新開発の2.4リットル、167ps。6ATと組み合わされる。タイヤは韓国製の235/50R19サイズだ。

運転席の乗降性や視界は文句なし。ただ、メーターは素っ気なくシンプルすぎる印象だ。2列目席の乗降性も悪くない。着座すればシアターフロアによって視界は爽快。さすがに3列目席があるため居住空間にゆとりはないものの、決して窮屈じゃない。3列目席は2列目席のタンブル格納で乗降。その間口は広大で乗り降りは意外なほど楽々。大人でも短距離なら不満なく乗っていられる、ヴァンガードより圧倒的にゆとりある居住空間だ。ただし、後席用エアコン、拭き出し口の設定はない。

3列目席使用時の荷室は奥行き300mm以下と狭いものの(97リットル)、3列目席を格納すれば奥行きは1000mm前後まで拡大。十分な容量が確保される(477リットル)。アウトドアグッズはもちろん、ペット用のクレートも余裕で載るはずだ。

そんなキャプティバの走りはアメリカンSUVの以前の常識とはちょっと違うテイストだ。乗り心地はシャキッとしたフラット感が基本で、姿勢変化も最小限。快適で酔いにくい。動力性能はエコモードをONにしていても1.8tものボディをスルスル軽快に加速させる実力の持ち主だ。エンジンは高回転が苦手だが、少なくとも今回走った街乗りや高速巡航シーンではまったく不満はなかった。

しかも巡航時の静粛性は高く、絶妙なアクセルレスポンスによって走りやすさは抜群。慣れてくると実際のボディサイズより小さく感じられるほど。ただ、最少回転半径は約5.9mと大きく、小回りは効かない。

嬉しいのは価格設定。充実した安全安心装備を持ちながら354万円とは、まさしく円高バーゲンプライスだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
ペットフレンドリー度:★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。オーディオ評論、ペット(犬)、海外旅行関連のウェブサイトも手がける。

シボレーらしい迫力ある逞しい顔つき。とても345万円には見えないだろう《撮影 青山尚暉》 サイドウインドーグラフィックはホンダのCR-Vや韓国車に似ている?《撮影 青山尚暉》 タイヤは韓国のHankook製。235/50r19サイズを履く《撮影 青山尚暉》 バッグドアのガラスハッチは独立して開閉可。荷室開口高は780mmと高め《撮影 青山尚暉》 インパネの質感自体は高いが、いかんせんメーターがシンプルすぎる。《撮影 青山尚暉》 2列目席の膝回り空間は身長172cmのドライバーの背後で約140mmと、多くの国産SUV(2列シート)より狭い《撮影 青山尚暉》 3列目席は2列目席のタンブル格納による乗降性の良さが光る。居住空間は同種のトヨタ・ヴァンガードより広い《撮影 青山尚暉》