イメージ

25日午後9時35分ごろ、長野県栄村の村道で、31歳の男性がクルマにひき逃げされる事件が起きた。男性は自ら通報してきたものの、収容先の病院で死亡。警察は後に名乗り出た47歳の女をひき逃げ容疑で逮捕している。

長野県警・飯山署によると、現場は栄村大字北信付近で幅員約2mの直線区間。男性は酔い潰れて路上に倒れこんでいたところ、通過車両にはねられたものとみられる。

被害者の男性が自ら119番通報。救急車の到着時には意識があったものの、搬送中に容態を急変。意識不明の状態で病院へ収容されたが、胸部や腹部の強打が原因でまもなく死亡した。

警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始したが、現場近くに住む47歳の女が「現場を通った」と申告。この女が所有する乗用車の底部を確認したところ、何かをひきずったような痕跡があったことから容疑者と判断。26日午後に自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

現場は国道117号から入る狭い道で街灯は無く、夜間の見通しは悪かった。調べに対して「何かひきずったような気がした」などと供述しているようだ。