セイコーエプソン スカラロボットLS6

セイコーエプソンは、組立・搬送作業などの自動化に適した産業用スカラロボット(水平多関節ロボット)「LSシリーズ」に、従来機種と比べて、アーム長を1.5倍、可搬重量を2倍にした『LS6』を追加し、9月から販売する。

同社は、「脱・手作業」を実現するLSシリーズを6月に発売し、顧客の生産ライン自動化の要望に対応してきた。

今回、製品ラインアップに追加したLS6は、より作業範囲が広く、重いものが持てるロボットが欲しいというニーズに対応して開発した。アーム長を従来機種「LS3」の1.5倍となる600mm、可搬重量をLS3の2倍にあたる6kgにした。これにより、さまざまな組立・搬送作業の自動化に貢献する。