ボディサイズは全長4215×全幅1830×全高1830mm。ショーティ&ワイドなボディだが、小回り性はいい《撮影 青山尚暉》

ルノー『カングー』は世界的に見ればその半数が商用車として活躍しているマルチパーパスカーだ。そして同時に、8月末に幕張メッセで行われた「インターペット-人とペットの豊かな暮らしフェア」に車両を出展した、世界屈指のペットフレンドリーカーでもある。

まず、荷室は天井が高く、左右に余計な出っ張りのないフロアは実測で奥行780mm、幅1165mmもの極めてスクエアかつ広大なスペース。大型犬2頭も余裕で乗れて、普通のクルマには入らない大型クレートを積むのにも適している。

重要なのはフロア高で、先代より高くなったとはいえ依然、地上545mmとごく低い。開口部に段差がなく、中大型犬なら苦労なく飛び乗れて飛び降りることができる高さだ。

荷室のドアは観音開きで、片側だけでも開けることができ、後方へのドアの張り出し量も、たとえばボックス型ミニバンなどよりずっと少ない。つまり、様々なシーンで開けやすく、ペットを乗降させやすいということだ。

しかも、カングーには運転席頭上、後席頭上に天井の高さを生かした航空機にあるようなコンパートメント(収納)がある。愛犬のリード、おやつ、衣類などの小物を効率よくしまっておけるから便利だ。

走ってもカングーはペットフレンドリーだ。1.6リットルエンジンは105psと控えめなスペックで、4ATモデルの場合、出足、中間加速ともにごく穏やか。60km/hも出てしまえばそれなりに走ってくれるものの、逆に言えば、加減速時のショックが少なく、ペットも安心して乗っていられる。

乗り心地は先代よりずっと良くなり、荒れた路面や段差越えなどでも車体は夢のようにフラット。前後席ともに実にふんわりとした快適感に満たされる。とくに高速巡航時の心地良さは下手な高級サルーンを凌ぐほど。穏やかな加速感とともに、ペットもまた快適に過ごせるというわけだ。

ちなみに愛犬を乗せてみたが、すぐに寝息を立てたぐらいで、後で聞けば「荷室もまた素晴らしく快適ワン」とのことだった。エコなスローなライフスタイルにもピッタリな1台だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★
フットワーク:★★★★★
ペットフレンドリー度:★★★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。オーディオ評論、ペット(犬)、海外旅行関連のウェブサイトも手がける。

カラフルなボディカラーがカングーの個性だが、日本専用よりビビッドなカラー4色が揃うカングークルールも用意されている《撮影 青山尚暉》 観音開きのバックドア。全開にしたときに後方に必用なスペースは950mm程度。上開き式より使いやすい《撮影 青山尚暉》 バックドアを全開にしたところ。開口部は幅1160mm、高さ1100mmほどと広大。犬用の大型クレートも積みやすい。《撮影 青山尚暉》 荷室のステップ高は545mm。一般的なワゴンが600mm前後だから、いかに低いかが分かる。ペットも乗降しやすい《撮影 青山尚暉》 インパネの樹脂の質感は日本車には敵わないが、シンプルで使いやすい《撮影 青山尚暉》 後席にはシートバックテーブルを完備。乗り心地の良さから、新幹線にでも乗っている様な気分!?《撮影 青山尚暉》 日本車のような装備の後方確認ミラー。後席に乗せた子供はもちろん、ペットの様子も確認することができて安心だ《撮影 青山尚暉》 後席は頭上方向に驚くほどのスペースがある。膝回り空間も比較的ゆったり。フロアは完全フラット《撮影 青山尚暉》 運転席頭上のコンパートメントは蓋なし。こちらの後席用は3カ所の蓋付き。中でつながっているので、長尺物も収納できる《撮影 青山尚暉》 正面からみると、車幅に対していかに背が高いかが分かる。しかし走りの安定感はハイレベル《撮影 青山尚暉》