メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》

メルセデスベンツ新型『SLK』のデリバリーがスタートした。SLKの商品企画を担当したメルセデス・ベンツ日本の奥野博弥氏は「従来の50〜60代の顧客層に加えて、新しいターゲットとして30〜40代の若い方に訴求していきたい」と語る。

奥野氏は「メルセデスベンツでは、ブランドの若返りをはかる全体の取り組みとして、より刺激的でエキサイティングなモデルを投入していこうという流れがあります。そのなかでSLKは二人乗りのロードスターなので、若い方にもブランドのメッセージを受け入れられやすいモデルであると考えております」と説明する。

施策のひとつがエントリーモデルの設定だ。「新型SLKでは、広告やマーケティングを若い方向に向けるというだけでなく、これまでの570万円からという価格から、今回、エントリーモデルの価格を525万円と45万円引き下げることで、これまで購入リストに入れてもらえなかった層の方にも、検討して頂ける装備内容や価格付けをしております」(奥野氏)。

「具体的には、これまでの装備に関しても必要な装備は引き続き標準装備としたましたが、必ずしも皆様が必要とされない装備に関しては、標準装備から外したりオプション化としました。例えば、シートヒーターは、レザーシートとのセットに、シートメモリー機能もオプション化するなどの設定変更を行っています」。

一方で、「ホイールのインチアップや、パドルシフト、インテリジェントライトシステムなど、見た目の訴求力を上げる装備や安全装備を標準化するなど、今の流行を取り入れることで若い方に好まれる装備レベルを保ったモデルに仕上がったと思います」とコメントした。

新型SLKとメルセデスベンツ日本商品企画マーケティング部の奥野博弥氏《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》 メルセデスベンツ SLK 新型《撮影 トヨサキジュン》