シボレー・ボルト(人とくるまのテクノロジー11)《撮影 高根英幸》

ゼネラルモーターズ(GM)は、8月30日〜9月2日に京都で開催されるJSAE/SAE主催の国際会議「2011パワートレインズ・フューエルズ&ラブリキャンツ・ミーティング」で「自動車の電動化」をテーマにした講演を行う。

講演者は、GMインターナショナル・オペレーションズ(上海)のマーティン・マレーディレクター。

GMでは石油に依存しないエネルギー源の多様化、環境負荷の軽減に向けて、自動車の電動化に力を入れている。同社はハイブリッド、プラグイン・ハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池自動車とシボレー『ボルト』で実現したE-REV(航続距離延長機能付電気自動車)の搭載車種拡大や、技術向上に取り組んでいる。

シボレー・ボルト(人とくるまのテクノロジー11)《撮影 高根英幸》 シボレーエクイノックスがベースのGMの燃料電池実験車 ラグジュアリーEVクーペのキャデラック・ELR キャデラック・シエル