双日など3社がベトナムに設立するロンドウック工業団地の位置図

双日、大和ハウス工業、神鋼環境ソリューションの3社は共同で、ベトナム社会主義共和国南部ドンナイ省に「ロンドウック工業団地」を設立することで合意した。

3社は工業団地の事業会社であるロンドウック・インベストメント・ジョイントストックカンパニー(LDIC)の株式88%を、現地パートナーであるドナフードなどから取得する。取得後の出資比率は、双日が57.3%、大和ハウスが22%、神鋼環境が8.7%、ドナフードが12%となる。

ロンドウック工業団地の第一期造成工事は2012年1月から着工し、同年夏頃から工場の建設が可能となり、2013年夏頃にインフラが完成する予定。

ロンドウック工業団地は、ホーチミン市から東に約40kmのドンナイ省ロンタン地区にあり、総面積は270haと東京ディズニーランド6個弱、総事業費は約1億米ドル。大型船の接岸が可能なベトナムの主要港の一つカイメップチーバイ港まで約33kmと近く、ホーチミン市街と港湾までの中間地点にあるため、製造拠点や物流拠点として適した立地にある。2014年に開通予定の南部高速道路インターチェンジから車で約5分、2020年に開港予定のロンタン新国際空港からは約8kmと、利便性が高い。

ベトナムは経済発展が見込まれており、今後、自動車や二輪車関連の完成車メーカーや部品メーカーの進出が見込まれる。