フォード エクスプローラーと岡本幸一郎氏

オフローダーからCUVに路線変更したのかと思ったら、そんなことはなかった。モノコックボディに横置きエンジン+トルクオンデマンド式4WDと、クルマとしての基本的な部分は大きく変わったが、オフロードでの悪路走破性が全く損なわれていないことを確認することができた。

アプローチは変わっても、しっかり“キープコンセプト”していて、『エクスプローラー』としての本質は確実に受け継がれているようだ。

さらに驚かされたのがオンロードでのフットワークだ。静粛性や乗り心地が高級乗用車なみに仕上がっていることに加え、ワインディングを攻めても、たっぷりストロークの確保されたサスペンションにより4輪がしなやかに路面を捉え、これほど大きく、けっして軽くはなく、重心も低くはない車体ながら、コーナリングも“得意”といえるほどの走りを披露する。

コストパフォーマンスを含む総合力の高さでは、同価格帯の競合車の中で抜きん出た存在になったんじゃないかと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

岡本幸一郎|モータージャーナリスト

1968年富山県滑川市生まれ。学習院大学卒業後、生来のクルマ好きが高じて自動車メディアの世界へ。自動車情報ビデオマガジンの制作、自動車専門誌の記者を経てフリーランスへ。近年は WEB媒体を中心に活動中。「クルマ好きのプロ」として、ユーザー目線に立った視点と幅広い守備範囲を自負し、レスポンス試乗記には他媒体では諸事情により書きにくい本音も!?

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー 新型《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》