電気・電池の科学《撮影 土屋篤司》

住友スリーエムは27日、「第16回 3M 夏休み子ども科学実験館」を開催した。

今回で16回を数える同イベントは、住友スリーエム本社のある東京都世田谷区周辺の小学校5・6年生を招き、科学の面白さを体験してもらうことを目的に開催している。

今年は111人の小学生が参加。「水の科学」ではダイラタンシーの原理を、「光の科学」では分光器の作成を、「電気・電池の科学」ではレモンなどを使用して電池の作成をそれぞれ行なった。

同イベントは、世田谷区の本社以外に山形スリーエム、岩手スリーエム、相模原事業所、富士小山研究所の合計5か所で開催。約50人の社員ボランティアが運営した。

参加した小学生は「分光器を使って光を見るといろいろな色をしていて面白かった」(6年生)、「片栗粉と水を使って水の上を歩くのを初めて見ました」(5年生)など、興味津々のようすだった。

運営責任者の住友スリーエム杉山直大さんは「日々のいろいろな現象を探求し、(子どもたちに)気づきのサイクルが育つと良いと思います。子どもたちの驚く笑顔をみて、やってよかったと思いますし、自分自身もボランティアを通して成長しています」と話した。

住友スリーエム 第16回 3M 夏休み子ども科学実験館のようす《撮影 土屋篤司》 電気・電池の科学《撮影 土屋篤司》 光の科学 水の科学 電気・電池の科学 水の科学《撮影 土屋篤司》 水の科学《撮影 土屋篤司》 水の科学《撮影 土屋篤司》 水の科学《撮影 土屋篤司》 住友スリーエム 第16回 3M 夏休み子ども科学実験館のようす《撮影 土屋篤司》 住友スリーエム 第16回 3M 夏休み子ども科学実験館のようす《撮影 土屋篤司》 住友スリーエム 第16回 3M 夏休み子ども科学実験館のようす《撮影 土屋篤司》 住友スリーエム 第16回 3M 夏休み子ども科学実験館のようす《撮影 土屋篤司》 電気・電池の科学《撮影 土屋篤司》 電気・電池の科学《撮影 土屋篤司》 電気・電池の科学《撮影 土屋篤司》 電気・電池の科学《撮影 土屋篤司》