インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》

千葉市の幕張メッセで「インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア」が開催されている。ペットフード協会とメサゴ・メッセフランクフルトの主催。

日本のペット市場は、少子高齢化、核家族化といった社会情勢に後押しされる形で成長しており、いまや2兆円産業とも言われる。ペットオーナーが、ペットの生活環境向上に対して投資を加速している結果だ。

ペットオーナーの移動手段として欠くことの出来ない自動車。クルマ選びの指標となる「ペットとの親和性」は、いまや無視できない要素といえる。

こうしたなか、ルノーは『カングー』を出展。ペットとの親和性の高さを来場者にアピールした。

同イベントは28日まで開催している。

インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》 インターペット - 人とペットの豊かな暮らしフェア《撮影 土屋篤司》