フォード エクスプローラー 新型《撮影 北島友和》

20年の歴史のなかで最大の変更が施されたという5代目『エクスプローラー』。エクステリアは車幅2mを生かしたワイドボディ、顔つきこそ端正でありながら、筋肉質なボディは迫力が増している。

5代目はタフなSUV像というよりも、本格的なオフロード性能を備えた安心感はそのままに、オンロードの走りや環境性能を高めたクロスオーバーモデルへとシフトしてきたことが伺える。

低くレイアウトされたエアダム、リヤスポイラーを装着するなど、空力性能が見直され、ボディは骨格部分が従来のボディ・オン・フレームからモノコックへと変更。重心が低く、軽量化されたボディは、前後独立式となった新型サスペンション、強化されたアンチロールバー、スポーティなATの変速制御によって、胸の空くドライブフィールを満喫させてくれる。それでいて、カーブを曲がる際の姿勢変化は、適度にラグをもたせていて、アメリカ車的な持ち味が残されている。

高めのアイポイントとあいまって、大陸を横断しているかのようなゆったりとした走行感覚は、週末にアクティビティに出掛けるロングドライブが、いっそう楽しく、快適に過ごせそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

藤島知子|モータージャーナリスト
幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年からワンメイクレースに挑戦。市販車からフォーミュラカーに至るまで、ジャンルを問わず、さまざまなレースに参加している。2007年にはマツダロードスターレースで女性初のクラス優勝を獲得した経験をもつ。現在はクルマの楽しさを多くの人に伝えようと、自動車専門誌、一般誌、TV、WEB媒体を通じて活動中。走り好きの目線と女性の目線の両方向から、カーライフ全般をサポートしている。

フォード エクスプローラー 新型《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》