マツダのリアビークルモニタリングシステムの効果イメージ

マツダは、『Mazda3(日本名:アクセラ)』欧州仕様車に搭載されている先進安全技術「リアビークルモニタリングシステム(RVM)」が、今年9月開催のフランクフルトモーターショーで「ユーロNCAPアドバンスド賞」を受賞すると発表した。

2010年に始まった同賞は、自動車メーカーが開発・導入している先進的な安全技術を評価し、表彰する制度。

マツダのリアビークルモニタリングシステムは、高速道路などでの車線変更による衝突の危険性をドライバーに知らせるシステム。車速60km/h以上で走行中、リアバンパー内側の左右に備えたレーダーで隣車線上の後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーの鏡面に内蔵したインジケーターが点灯。ドライバーに注意を促す。

また、その状態でインジケーター点灯方向へウインカーを操作すると、インジケーターの点滅とともにブザーを鳴らして警告する。同システムは雨などの天候の影響を受けにくく、二輪車を含むさまざまなタイプの他車両に対し、安定した検知性能を有している。

同社は2008年、『マツダ6(日本名:アテンザ)』において、日本の自動車メーカーとして初めて欧州に同システムを導入。その後、欧州向けでは2009年に『マツダ3(日本名:アクセラ)』と『CX-7』に導入し、今後、フランクフルトモーターショーで発表する新型コンパクトクロスオーバーSUV『CX-5』と新型マツダ3にも搭載される。

リアビークルモニタリングシステム(RVM)効果イメージ図