本田技術研究所の山本芳春社長《撮影 土屋篤司》

本田技術研究所の山本芳春社長は、一部メディアと情報交換会を行ない、マツダの『デミオ SKYACTIV』や、ダイハツの『イース』に対抗する低燃費車“30キロカー”の開発について「遥かに高いところを目指した技術開発に取り組む」との考えを示した。

新型デミオについて山本社長は「マツダの取り組みは立派。燃費は素晴らしく、軽量化も考えられている」と賞賛。

また、イースについては「軽自動車で30km/リットルは技術的に考えてもすごい。研究所でも燃費に関しては地道にいま取り組んでいる。対抗するしかない」とし、さらに「イースは軽のベンチマークになるだろう。軽は普通、燃費がでないもの。社内では数字的にダイハツを抜けといっている」と話した。

低燃費車に対する本田技術研究所の具体的なアプローチについては、「技術の達成手段はいろいろある。IMA(ホンダのハイブリッドシステム)もそのひとつだが、手段は何でも良い。顧客に選ばれることが大事」と方針を語り、「ハイブリッド車は発展性はあるが、燃費を向上させるのは内燃機関。もし1.3リットルで製品を出すなら、デミオに勝ってくれということ。一番になれということ」と社長として指揮していることを明かした。

本田技術研究所の山本芳春社長《撮影 土屋篤司》 マツダ デミオ SKYACTIV《撮影 宮崎壮人》 ダイハツ イース