2011年度業界天気図の内訳

帝国データバンクは、8月25日発刊の経営情報誌『TDBレポート111号業界動向2012-I』で、100業界228分野の業界動向を調査、2011年度の業界天気を予測した。

業界天気図は、各業界の生産や販売、売り上げ、収益動向などから景況感を総合的に判断したもので、最も景気が良い状態を「快晴」とし、「晴れ」、「薄日」、「曇り」、「小雨」、「雨」、最も景気が悪い状態を「雷雨」と7段階で表した。

2011年度の業界天気予測は、「快晴」が総合商社の1分野、「晴れ」が建設機械やネット広告など7分野、「薄日」が石油化学基礎製品製造や工作機械製造など36分野、「曇り」が生命保険やソフトウェア開発など56分野、「小雨」が酒類製造や全国展開型百貨店など40分野、「雨」がリースや自動車製造など51分野、「雷雨」が紙・板紙製造や居酒屋チェーンなど35分野となった。

2010年度との比較で天気が「改善」したのが51分野、「横ばい」が120分野、「悪化」は57分野で、全体的には横ばい状況。自動車製造は、震災による販売減少と継続的な円高、鋼材をはじめとする原材料価格の上昇で、業績見通しは厳しいと分析。「曇り」から「雨」に2ランクダウンした。

インサイトの生産ライン