京大発のベンチャー企業が開発した超小型3輪EV

京大発のベンチャー企業グリーンロードモータースは25日、超小型3輪EVを開発したと発表した。安定性を向上する機構を後輪に採用することにより、2輪のような乗りやすさと、3輪独自の安定性を両立させたという。

同3輪EVは、2011年「京都府次世代自動車パートナーシップ倶楽部」に設立された「京都電気自動車開発ワーキンググループ」の活動の一環として、参画事業者である日本電産、ノイエスと、京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー、京都工芸繊維大学との共同事業として開発を進めたもの。

今回開発した電気自動車は、後輪を2輪にした電動3輪スクータで、デザインは京都工芸繊維大学の学生が担当、今までにない小型でファッショナブルな3輪スクータに仕上げた。動力性能については、日本電産と共同開発した高性能モータを採用、電動スクータの弱点である登坂力を向上させたとしている。

グリーンロードモータース 超小型3輪EV 試作2号機 グリーンロードモータース 超小型3輪EV 試作3号機 グリーンロードモータース 超小型3輪EV バランス機構