ドイツのロータリースーパーカーズ社の新型スーパーカー

マツダが欧州に続いて、北米向けの『RX-8』の生産を終了し、まさに風前の灯のロータリーエンジン。そんなロータリーエンジンを載せたスーパーカーの開発計画が、ドイツから打ち上げられた。

これは、ドイツに本拠を置くロータリースーパーカーズ社が発表したもの。すでに同社は、マツダ製13Bロータリーエンジンを4基載せた『プレデターGT』(最大出力1200ps)の開発構想を明らかにしていた。このプレデターGTの発展形の開発計画を、今回公表したのだ。

新型スーパーカーは、プレデターGTの発展形というよりは、全く別モノと考えたほうがいいかもしれない。というのも、心臓部には8ローターエンジンを搭載。ターボチャージャーで過給され、最大出力2800ps、最大トルク357kgmという圧倒的パワーを引き出す。

パフォーマンスは、過激のひと言。ドラッグレース用燃料を使用した場合、0-100km/h加速は0.9秒、最高速は450km/h以上に到達するという。

同社は2012年、この新型スーパーカーを披露する予定。最大で年間12台を生産する計画だ。