光岡雷駆(ライク)

光岡自動車は、三菱『i-MiEV(アイ・ミーブ)』をベースとしたEV、『雷駆(ライク)』のマイナーチェンジを行い、26日より販売を開始する。

今回の変更では、一充電あたりの走行可能距離を拡大したモデル「G」と、走行距離をそれほど長く必要としないユーザーを対象とした低価格モデル「M」の、2グレードを用意する。

Gは、装備・性能の充実を図り、LEDヘッドライト、リヤコンビランプ、15インチアルミホイール、本革巻ステアリングホイール・シフトノブ、カーナビゲーション、シートヒーター(運転席、助手席)等を標準装備。従来モデル同様の16.0kWhの駆動用バッテリーを採用しつつ、一充電あたりの走行可能距離を従来比約20%増(JC08モード比較)の180kmを実現している。

また、Mは価格低減を目的に、性能・装備の見直しを図り、高価な電池容量を抑えた。一充電あたりの走行可能距離は、120km(JC08モード)。経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の補助金制度が適用された場合、購入者の実質負担額は218万円となることが特徴。

なお、今回の仕様変更はベース車である三菱 i-MiEVの改良にともなうもの。

価格は、Gが410万円(補助金交付対象:実質負担額314万円)、Mが290万円(同218万円)。

光岡雷駆(ライク)