事故 イメージ

22日午前3時15分ごろ、静岡県焼津市内の東名高速道路下り線を走行中の大型トラックが中央分離帯に衝突。これを乗り越えて上り線側へ逸脱し、上り線を順走していた別の大型トラックと衝突する事故が起きた。この事故で逸脱側の運転者が負傷している。

静岡県警・高速隊によると、現場は焼津市上新田付近で片側2車線の直線区間。下り線側の第1車線を走行していた大型トラックが、バス停との分離帯付近にある緩衝ドラムに衝突した。弾みで中央分離帯に衝突、これを突き破って上り線側へ逸脱、上り線を順走していた別の大型トラックと衝突した。

双方のトラックは中破。逸脱側のトラックを運転していた37歳の男性が打撲などの軽傷。順走側トラックの運転者にケガはなかった。

警察では居眠り運転が事故の主因とみている。