3時間給電パック・リチウムイオン電池版の概要

大塚商会は、企業向けに電源容量500ワット負荷で約3時間半の給電が可能な「3時間給電パック・リチウムイオン電池版」を8月25日から発売する。

業務を止められないシステムや電力消費量の多いサーバなどのITシステム機器を接続し、システムを止めずにピークシフトによる節電対策が可能となる。

今夏は電力不足から企業や一般家庭などで節電が求められている。これにともなって夜間などに充電し、電力需要ピーク時にバッテリにより稼働させるピークシフトを実施する企業も増えており、無停電電源装置(UPS)や蓄電機器の需要が急増している。

しかし、UPSはシステムやサーバの長時間稼働や毎日一定時間稼働させるといった使用を想定していない。また、蓄電機器は長時間、定期的な使用が可能だが、電源切り替えのタイミングで電力が瞬間的に途切れ、サーバーを安全にシャットダウンさせるソフトウェアと連携していないケースがほとんど。このため、接続しているサーバーの電源が切れてシステムが止まり不具合が発生する可能性がある。

今回、蓄電機器とUPSを組合せることで、長時間、定期的な使用を可能にした。これにより、日中電力使用量が最大となる時間帯に約3時間半の節電(ピークシフト)に貢献する。

蓄電機器の電力を使用する際の蓄電機器への切り替えで発生する電力の瞬断では、その間だけUPSが電力を供給し、システムダウンを防ぐ。長時間の停電で蓄電機器側の電力が無くなった場合は、安全にシステムをシャットダウンするまでの間、UPSが電力を供給するため、節電だけでなく緊急時の電力供給にも役立つ。

パックは、蓄電機器とUPS、設置費、設定費、保守がセットで価格は1セット209万7100円。