ワークスチューニンググループのSTI、無限、TRDが10月22日、合同でサーキットイベントを開催する。

スバルテクニカインターナショナル(STI)、トヨタテクノクラフト(TRD)、M-TEC(無限)の、ワークスチューニンググループの三社は合同で10月22日、筑波サーキットを舞台に走行会イベント「ワークスチューニング・サーキットデイ」を開催する。

同イベントは「楽しくサーキットを走る」がテーマ。マイカーでサーキットを走る楽しさを気軽に体験しながら、各社契約のプロドライバーによるドライビングレッスンや同乗走行を通して、ドライビングスキルの向上とクルマを操る楽しさを体感してもらう。経験に応じてクラス分けをおこなうため、ビギナーから上級者まで楽しめる、としている。

設定されるクラスは、ビギナー向けのエンジョイクラス、初・中級者向けのベーシッククラス、初心者から上級者まで楽しめるチャレンジクラスの3つを予定。参加できる車両は、トヨタ車(レクサス含む)、スバル車、ホンダ車で、ナンバー付きの保安基準適合車両。ヘルメットやレーシンググローブなどの装備は参加者が各自で用意する。

募集台数は、各クラス合計で120台。参加料は、エンジョイクラスが3000円、ベーシッククラスが8000円、チャレンジクラスが1万2000円。

当日は、各社のアドバイザーによるマイカーのメンテナンスやチューニングなどを気軽に相談できるコーナーや、カート体験試乗会、各社のデモカーによる模擬レースや同乗走行なども実施する。

さらに、子ども向けのゲームコーナーやバズルコーナーなどをはじめ、フードコーナーなども設置し家族でも楽しめるイベントとする。