新型レクサスGS(GS350グレード)

レクサスが18日、米国で初公開した新型『GS』。その最強グレードとして噂される「GS-F」(仮称)に関して、興味深い情報をキャッチした。

これは19日、オーストラリアの自動車メディア、『Go Auto』が報じたもの。同メディアの取材に応じた新型レクサスGSの金森善彦チーフエンジニアは、現時点では計画はないと断った上で、「新型GSにLFAの4.8リットルV10を載せることは、技術的には可能」と話したという。

LFAの4.8リットルV10は、最大出力560ps、最大トルク48.9kgmを発生。0-100km/h加速3.7秒以下、最高速325km/h以上という世界最高峰のパフォーマンスを実現するユニットだ。

このV10が新型GSに移植されれば、スーパーセダン誕生は間違いないところ。金森チーフエンジニアは、「次のFモデル(GS-Fを指す)には、いくつかの計画が存在する」とだけ、同メディアに明かしたとのことだ。

現行『IS-F』が、5.0リットルV8(最大出力423ps、最大トルク51.5kgm)を積むことを考えると、GS-Fにはこれを上回るパフォーマンスが求められるはず。果たして、新型GSにV10エンジンは載るか?!

新型レクサスGS(GS350グレード) 新型レクサスGS(GS350グレード) 「GS-F」(仮称)にLFAのV10が載る可能性に言及した豪『Go Auto』