富士電機は、全国農業協同組合連合会(JA全農)と共同で、ビニールハウスに太陽光発電システムを導入。作物の生育への影響度やシステムの発電量、耐候性などの調査を行う実証実験を開始した。

熊本市と宇城市では、栽培作物の生育調査や太陽光発電システムの発電状況を調査し、環境制御機器の動作を試験する。また、太陽光発電の売電収入のシミュレーションや太陽電池モジュールの設置方法の確立を検討、農業資材としての適性も評価する

このシステムは、熊本県の「2011年度太陽光発電を利用した農業の実証事業」にも採択され、県内の農家で実証実験が開始される予定。

ビニールハウス向け太陽光発電システムは、今回の実証実験の検証したのち、2012年から販売する予定。