スコット・フォイルシリーズ

ゴールドウインは、スコットが開発した空力特性を追求した最新のエアロ・ロードバイク『スコット・フォイル』を8月下旬から発売する。

今回投入するフォイルは、総重量を低く抑えながら、徹底した検証に基づいて空力特性について、全方向から空気抵抗を受けにくい構造を実現したエアロ・ロードバイク。平地、登坂のシーンなど、あらゆる道路条件でより速く、より効率的に走ることを可能にした。

ロードレースで、より少ない力で同じ平均スピードを維持し、スパートのための力を温存するためには「多方向からの空気抵抗に強い」ということが不可欠な要素となる。

この課題をクリアするため、科学的な手法を重視しながら、空力的に最も優れたバイクを作り上げる「スコット・エアロダイナミックサイエンス」チームを各方面の専門家で結成。空力特性に優れたF1マシンを開発する際にも使用されるメルセデスベンツ・グランプリの風洞施設「ドラグ・ツー・ゼロ」で空気抵抗に関する検証を重ねた。

フォイルの開発プロジェクトのためだけに100時間以上も費やし、60個以上のチューブ形状をテストした結果、空力特性に加え、剛性、重量も考慮した「後縁のない翼断面形状」によってバランスのとれたフレームを設計することに成功した。

フォイルシリーズの価格は32万〜128万円。

スコット・フォイルシリーズ