パテント・リザルトは、全固体型リチウムイオン二次電池について、同社の特許分析ツールを使って参入企業に関する調査結果をまとめた。

電気自動車や蓄電用途としてリチウムイオン二次電池が注目されているが、従来型は有機溶媒を電解質と用いているため、液漏れや発火といった安全面で問題がある。このため、次世代型として電解質に固体を用いた全固体型リチウムイオン二次電池の開発が進められている。

今回の調査では、6月末時点の特許技術に基づいて全固体リチウムイオン二次電池関連の特許を集計、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に評価した。

その結果、総合力ランキングでは1位が出光興産、2位がパナソニック、3位がトヨタ自動車となった。

最も出願件数が多いのはパナソニックだが、2008年以降は出願していない。総合力の経時変化を見ると、当初はパナソニックが他社を圧倒していたが、08年以降、出光興産、トヨタ自動車が出願件数とともに大きく総合力を伸ばした。

4位がオハラ、5位がナミックスとなった。パナソニックを除き、現行のリチウムイオン二次電池のセルや各部材を手掛けていない企業が上位となっている。