20日午前4時35分ごろ、千葉県千葉市稲毛区内の国道14号で、路肩に停車していたタクシーに対し、後ろから進行してきた中型トラックが追突する事故が起きた。2台は炎上。道路沿いの店舗を兼ねた住宅の建物にも延焼したが、住人にケガはなかった。

千葉県警・千葉西署によると、現場は千葉市稲毛区稲毛1丁目付近で片側2車線の直線区間。路肩に停車していたとみられるタクシーに対し、後ろから減速しないまま進行してきた中型トラックが追突。押し出されたタクシーが前方の電柱に衝突して大破し、漏れた燃料に引火して激しく燃え上がった。

トラックとタクシーは全焼。火は隣接する店舗兼住宅にも延焼し、外壁の一部を焼いたが住人にケガはなかった。2人の運転者はいずれも打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察ではトラック側の前方不注視が事故の主因とみて、運転者の回復を待って自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞く方針だ。