アウディジャパン・大喜多寛社長と新型A6《撮影 トヨサキジュン》

アウディジャパンの大喜多寛社長は23日発売した新型『A6』について、「デザインを中心とした広告やイベントを中心にお客さんを我々の方に引っ張りたい」との考えを示した。

大喜多社長は同日都内で開いた新型A6発表会で一部報道陣に対し、「非常にこのクラスというのはブランドイメージとボリュームという点で一番厳しいセグメントだと思う」とした上で、「装備的にあるいは技術的に我々は新しいものをたくさん盛り込んでいるが、それが大きな差になるとは思っていない。やはりデザインが大きな要素になる」と述べた。

さらに「アウディのプログレッシブなイメージであるとか、スポーティなイメージを強調したデザインなので、日本の上質なユーザー、レベルの高い目をもった方々にも本当にかなった車じゃないかと思う」と強調した。

アウディジャパン・大喜多寛社長《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 トヨサキジュン》 アウディ A6 新型《撮影 小松哲也》 アウディジャパン・大喜多寛社長《撮影 小松哲也》