トヨタとフォードは22日、ハイブリッドシステムとテレマティクス技術の共同開発で協力することを発表

全体相場は5日ぶりに反発。米国市場の小反発、アジア市場の堅調な動きを受け、安心感が台頭。年初来安値水準に接近したこともあり、幅広い銘柄に買いが入った。

平均株価は前日比104円88銭高の8733円01銭と、反発して引けた。自動車株はそろって反発。

トヨタ自動車が63円高の2763円と6日ぶりに反発。米フォードと小型トラック、SUV向けハイブリッド・システムの共同開発で基本合意したと発表したことも好感されている。ホンダが23円高の2365円、日産自動車が19円高の645円と反発。