アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》

アウディジャパンは23日、アッパーミディアムクラスセダン『A6』をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

新型A6のモノコックボディは、「アウディ・ウルトラ」と名付けられたレーシング活動で培われた独自の軽量化技術を採用。軽量なアルミ素材を全体の20%以上に使用し、安全性、快適性をさらに高めた。また、アルミニウムとスチールを組み合わせたハイブリッド構造により、ボディ剛性は飛躍的に進化。ハンドリングや衝突安全性の向上に大きく寄与している。

フルタイム4WDシステム「クワトロ」は、新世代のクラウンギア式センターディファレンシャルを採用。さまざまな条件下で安定した走行を実現している。

エクステリアデザインは、フェンシングの前傾姿勢を彷彿とさせるダイナミックさを表現。リヤはディフューザーと台形デザインのLEDテールライトの採用することで、スポーティ性を強調させている。

エンジンは2.8リットルV型6気筒ガソリン直噴エンジンと、3リットルV型6気筒ガソリン直噴スーパーチャージャーエンジンの2種類。いずれも7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。

スタート・ストップシステム(アイドリングストップ機構)とエネルギー回生システムも搭載。10・15モード燃費は、A6 2.8FSIクワトロが11.0km/リットル、A6 3.0TFSIクワトロが10.2km/リットルを実現している。

価格は、A6 2.8FSIクワトロが610万円、A6 3.0TFSIクワトロが835万円。

アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》 アウディ A6 新型《撮影 宮崎壮人》