ランボルギーニ・アヴェンタドール

ランボルギーニ『ムルシエラゴ』の後継車として登場した『アヴェンタドール』は、サンタアガタ(ランボルギーニ本社)のデザインスタジオの手によりデザインされた。

そのチーフデザイナーはフィリッポ・ペッリーニ氏。「彼がここで仕事をしているのは7、8年だと思います。それ以前はアルファロメオのデザイナーでした」と紹介するのはアウトモビリランボルギーニS.p.A.コミュニケーション&エクスターナルリレーションズのキアラ・サンドーニさん。

ペッリーニ氏はデザインをする際、まずはインスピレーションで描くという。そのインスピレーションを踏まえ、「きわめてパワフルなプロポーション、正確なラインと精密な表面、細部に宿る緊張感を備えた力強さを備えたクルマに仕上げているのです」(サンドーニさん)。また、ハイスピードモデルゆえに、空力特性、特に空気抵抗やエンジンの最適冷却を最重要視してデザインされているのだと語った。

ランボルギーニ・アヴェンタドール ランボルギーニ・アヴェンタドール ランボルギーニ・アヴェンタドール ランボルギーニ・アヴェンタドール(ラインオフ直後)《撮影 内田俊一》