JAFは、来年からの義務化に伴い、今後増加が見込まれるESC(横滑り防止装置)搭載車のユーザーに対し、正しい装置の理解を啓発するための体験型講習会を実施することを発表した。

ESC体験試乗会は、FIA基金が世界の自動車クラブと展開している「Choose ESC!(ESCを選ぼう)」キャンペーンの一環として、JAFが国内で2009年より実施。ESCの製造メーカー、ボッシュ、コンティネンタル・オートモーティブ、アドヴィックスの協力を得て開催している。

今年の開催日時と会場は、9月3日が交通教育センターレインボー浜名湖(静岡県)、10月23日がHondaセーフティトレーニングセンター四国(香川県)となっている。

ESCは、新型車については2012年10月1日(軽自動車は14年10月1日)以降、継続生産車については14年10月1日(軽自動車は18年2月24日)以降、それぞれ装備が義務づけられる。