トヨタ自動車とフォードは22日、SUVと小型トラックのハイブリッド車技術とテレマティクスの共同開発をおこなうことを発表した。

トヨタ自動車の内山田竹志副社長は、22日に米デトロイトで行ったフォードモーターとのハイブリッド車(HV)などの共同開発に関する記者会見で、交渉の発端は両社のトップが、ある空港で偶然出会ったことだったと話した。

内山田副社長とともに会見したフォードのデレック・キューザック副社長は、「われわれのレベルで対話を始めたのは今年4月から」と明らかにした。

フォードのアラン・ムラリー会長と豊田章男社長が、協議を始めた時期について、内山田副社長は「よくわからない」と明言を避けたものの、「トップ同士の接触は何度も行われた」と述べた。

さらに内山田副社長は、「そうしたコミュニケーションを通じ、フォードと当社の企業文化や風土が似ていると感じることができた。フォードは長期的な信頼関係が築けるパートナー」と語った。

トヨタ プリウス フォード フュージョン ハイブリッド フォードの車載テレマティクス「マイ・フォード・タッチ」のデモンストレーション トヨタ・フォード提携に合意 トヨタ・フォード提携に合意